Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国連邦政府の二酸化炭素・排出管理に関する分析報告書を Pike Research 社が刊行
2010年06月14日

米国は、エネルギー使用及び二酸化炭素排出の削減と管理という課題に、史上かって無い重要性・緊急性で直面している。 経済や国内外の状況変化に応じて、市場から課題解決への要求も今までに増して強まっている事が、更に解決促進のモチベーションを高めている。

来る数年は、二酸化炭素管理ソフトやそのサービスプロバイダーにとって、米国連邦政府が見込み市場(顧客)となる、と Pike Research 社は、分析する。

連邦政府機関がGHG排出管理のアクションを起こすのは、経済や国内外の状況変化による複合プレッシャーに応えるだけでなく、連邦政府自体が、排出の源となる、50万棟のビル、60万台の自動車を所有し、年間5千億ドルに及ぶ商品消費とサービス享受を行っているからである。

この初期段階・新興市場の中で、米国連邦政府向け炭素管理ビジネスは、急速な成長を謳歌する2010年の93%, 2011年の78% を織り込み、堅く見積もっても2008年から2017年の間に年平均46%成長すると、Pike Research 社は予測している。

Pike Research 社のレポートでは、連邦政府機関の炭素管理ソフトと管理サービス支出を調査、市場傾向、市場規模予測、 2008 から 2017に於ける市場成長率予測を提供し、急発展するこの市場の主要ソフトベンダーやサービス・プロバイダーの分析を含む同市場に於ける競合展望を研究している。

http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikcmgovt10.htm

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.