Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
南東ペンシルバニア交通局とバーディティー・エナジー社が、鉄道の回生電力をスマートグリッドに供給するプロジェクトを計画
2010年09月13日

米国ペンシルバニア州のスマートグリッド企業 バーディティー・エナジー社と、南東ペンシルバニア交通局(SEPTA)は、鉄道の回生電力(電車が減速するときに回生ブレーキで発電した電力)を、スマートグリッドに供給するプロジェクトを計画しています。

パイロット・プログラムに、ペンシルバニア州より、90万ドルが提供されます。

日本では、鉄道の回生電力は、回収されて他の電車の運行に利用されています。
しかし、高調波が発生するので、電力会社の送配電網に戻されることはないそうです。

このプロジェクトでは、回生電力を直接、電力系統に戻すのではなく、いったんバッテリーに蓄えて、ピーク時にグリッドに供給します。
年間1,258トンのCO2排出量が削減され、グリッドの信頼性も向上します。

情報源WBB 最新情報 NTTデータ経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/162392446.html

参考情報
Energy-harvesting technology lets the train take the strain
Pilot project aims to collect energy from braking trains and feed it into the grid
(2010年9月6日、businessGreen.com)

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.