Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スマートガスメータは、2016年には世界で3600万台が普及
2010年09月13日

スマートメーターは電力会社のスマートグリッド採用によって、よく知られるところとなったが、ガス会社のAMI(高度計測インフラ)の重要性が高まっていることはあまり知られていない。世界のガス会社が、電気のスマートグリッドを追いかけるように、ネットワーク、通信、計測デバイス、実験計画、そしてスマートガスメーターの導入を実施している。

米国の環境エネルギーなどのグリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート

スマートガスメータ市場調査: ガスグリッド向け高度スマートメータの成長促進要因、ビジネスモデル、技術動向、主要関連企業、市場予測Smart Gas Meters: Advanced Metering Infrastructure for the Gas Grid: Growth Drivers, Business Models, Technology Issues, Key Industry Players and Market Forecasts」は、

「世界のスマート・ガスメーターは、急速に成長し、2009-2016年の間に現在の850万台から3630万台になるだろう」と報告している。

「電気のスマートグリッドに注目が集まっている一方で、天然ガスグリッドは 'もうひとつのグリッド と呼ばれてきた。 注目度が低く、アメリカ連邦の景気刺激法案からの基金も受けなかったものの、スマート・ガスグリッドには、ガス会社、特にガスと電気の両方のインフラをもつユーティリティ企業などの注目が高まっている」と Pike Research 社のアナリスト Jevan Fox 氏は 語る。

Jevan Fox 氏は、ガス会社がAMI導入を促進する要因として、下記の項目を挙げている。

  • メータ読み取りための労働コストの削減
  • メータ読み取り頻度と正確さの向上
  • 供給停止検知
  • 出力品質のモニタリング、供給停止防止、供給計画
  • 盗難防止
  • 遠隔切断
  • カソード防食(陰極防食)

パイクリサーチ社は、「欧州がスマートガスメーターの最大の市場であり、2016年に導入数は1350万、次は北米で1220万になるだろう」と予測している。アジア太平洋地域とラテンアメリカも、ガスのAMIの重要な市場であり、主要な国々でのガスインフラと加入者の急速な成長が見込まれる。

 この調査レポートは、世界と地域毎のスマートガスメータの詳細な市場傾向を調査し、ガスメータとネットワークの接続のための新しい技術と規格の分析、主要企業の詳細、2016年までの世界の主要な市場毎の予測を提供している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikgami10.htm

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.