Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
BMWが量産EVを初公開、エンジンはオプション装備
2013年07月30日

BMWは29日、米ニューヨークと英ロンドン、中国・北京の3カ所で同社初の量産型電気自動車(EV)であるBMW「i3」を世界初公開した。モーターだけの基本仕様に加えて、発電用エンジン(レンジエクステンダー)のオプション搭載車を用意することで航続距離に懸念を持つユーザーの取り込みを目指している。

ドイツ国内での価格は基本仕様が3万4950ユーロ(約454万円)、発電用エンジン搭載仕様が3万9450ユーロ(約512万円)となっており、各国での補助金や税額控除などを利用すれば、基本仕様車の実質的な購入負担は300万円台の後半となる見通し。発売時期はドイツ国内と欧州諸国が今年11月、日本と米国、中国が2014年上半期中となる予定だ。旧東独のザクセン州ライプチヒ工場で生産する。

■航続距離は130〜160キロ
発電用エンジンを搭載しない基本仕様車の充電1回当たりの航続距離は130〜160キロメートルと長くはない。だが、同社がこれまでにBMW「アクティブE」などの少量生産車で実証実験を行った成果によれば、ユーザーの1日当たり平均走行距離は64キロにとどまるため、日常での利用には十分とした。購入後3年間の維持費はBMW「320dA」より40%ほど低いとしている。

オプションの発電用エンジンは2気筒で、燃料はガソリン。最高出力は34馬力と日本の軽自動車の半分程度だが、電池の蓄電量が一定レベル以下の状態になったときに稼働し、電力を供給する。発電用エンジン搭載車の航続距離は300キロとした。

■炭素繊維やアルミで軽量化
i3は4人乗りで重量は1195キログラム。パッセンジャーセルに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、シャーシにアルミニウムを採用することで重量のかさむ電池を搭載するEVとしてはクラス最低レベルの軽量化を実現した。モーターの最高出力は170馬力で、トルクは250ニュートンメートル、加速性能は0から時速60キロが3.7秒、0から100キロが7.2秒となっている。ただし、最高速度は効率性の観点から時速150キロ以下に設定した。

BMWのライトホーファー最高経営責任者(CEO)は?3について「単に1台のクルマを投入するということではなく、持続可能なモビリティを実現するための革命的なステップだ」と意義を強調したが、販売目標の数値は公表しなかった。

■試乗申し込みは9.2万件
ロイター通信によると、試乗の申込はすでに9万2000件に到達している。同社のロバートソン販売担当取締役は「当社はニッチなプレイヤーとしてEV市場に参入するつもりはない。意味のある数字を追求する」と述べた。

同社によれば、昨年のEV世界販売台数は9万3000台で、今年は15万台に達する見通し。2010年は7000台だった。同社は今後20〜25年間に都市部の世界人口が40億〜50億人まで増えるとの国際連合の予測を示した上で、EV市場も拡大し続けるとの見方を示している。BMWは来年初をめどにスポーツカータイプのEV「i8」の投入する方針だ。

情報源:(株)国際自動車ニュース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.